僕は何回も免停になった事があるが
一度59キロオーバーで捕まった事がある
場所は琵琶湖の真上?? つまり『琵琶湖大橋のまん中』である

キップの住所は守山市になってたけど..
だいたい湖北の人間が琵琶湖大橋あたりを走ってるのが、かなり怪しい..
白バイの兄ちゃんにも、信じてもらえなかったけど
僕は、琵琶湖大橋は有料道路だから高速道路だと思っていた...
罰金9万円、減点12点、免許.停止90日、取り消しにならなくてラッキーだった
僕は超楽感的人間であるからその時も白バイの兄ちゃんに、
『捕まえてくれて有難う、そのまま走ってたら死んでたかもしれません』言うたら.
『あ,は、はい そうですよ』と言われた

さて、『長期免停』の講習会は『短期免停』の講習会は同じ建物内である訳なのだが
『長期免停』の教室に入る時は『短期免停』の人達に優越感すら感じる訳である
つまり『俺は長期免停やぞ〜』お前らより偉い?んじゃ〜 と感じてしまうのだ

教室に入っても、『短期免停』の部屋とはかなり雰囲気が違う
男が殆どなのである 『短期免停』は30キロオーバーだから若い女の子や主婦も多いのだが
長期免停の教室は悪っぽい男達の園なのである

さて一番初めになんか『適正検査』なるモノが行われた
『信号が赤から黄色に変わったのでアクセルを踏んだ』→『○』 みたいなのね

その後、百人ほどいる教室で『次に呼ぶ番号の方は廊下に出てください〜』


「はい、8番」の方〜  完全に暴走族である 回りを睨んで教室を後にする
「はい、20番」の方〜 今度もチンピラである こいつも回りを睨んで教室を後にする
『はい、40番』の方〜 今度は柄の悪い『運ちゃん』て感じやな〜
この3人で、呼ばれた方が『カッコ悪い』という教室の雰囲気が出来上がっていた

『はい、73番』の方〜  え.ぼ.ぼ.僕?
『あ.はい』呼ばれたエリート5人の中で返事したのは僕だけであった

廊下で教官が『あなた達は、『適正検査』で少し問題があったので
今日は1日 別メニューの勉強をします』

ゲームセンターに有るような、車運転する機械に乗る
違うのはヘットホーンを付けるぐらい

『はい、発進して下さい』ヘットホーンから先生の声
ギアをローに入れてっと...
73番〜!後方確認!〜
あ、そうか 後ろ後ろ、『後ろ黒板やんけ〜』

などと、暴走族風、チンピラ風、パーマ屋の男達5人は、

機械に乗ってドライブである


そのうち予想していた事だが.暴走族風兄ちやんが
『どけ〜こら〜! ひき殺すぞ〜 クソガキ〜!』と怒鳴った
細い路地でボールを拾いに子供が飛び出して来た画面の所である

おもろい奴である、画面の子供に真剣に、むかついているのである
でも、だんだん不思議になって来た

僕はその路地を10キロぐらいで走ってるから、ヘットホーンで
『73番〜 もう少し スピード出して!』
と言われてるぐらいの、安全運転の人なのである

なんで? 僕が? こいつらと同じ??

1日、エリート5人で勉強 仲良くなって話しするようになる  
他の『長期免停』の奴らに頭が高い〜

『どけどけ〜俺ら、別メニュー組みや〜』て感じ..

でお昼御飯は 5人仲良く

8番『俺 今日 そこまで車乗って来てんねん』
20番『俺もや 何処に止めた?』
40番『俺は駐車場や、パーマ屋の兄さんは何処に車停めた?』

おおお前ら、免停の講習に無免許で車乗って来てんのか..それも免許センターの駐車場..

73番(僕)『僕はタクシーで来たけど』

8番20番40番  『兄さん金持ちゃな〜』

そんな....問題や.. ないやろ君たち..

そうこうして1日別コースの講習は終わった


どうしても気になるので、教官に
『あの〜 あいつらは解るんですけど、なんで僕が特別コースなんですか』

教官『え〜と73番はペラペラ.. あ、あのね、のんびりしすぎなんですね』

   の,ん,び,り,.. の,ん,び,り,.. の,ん,び,り,

帰り.に貰った紙に、書いてあった...

あなたは、運転には向いていません出来るだけ運転を控えてください

 

僕はその後、免停で車に乗れないけど遊びに行きたい...から、朝6時の電車で

毎週休みの日に大阪の『メイク学校』に1年ほど入学する事になる

そこでの『出会い』が....

のちにマスターを生涯最悪の絶体絶命のピンチに落としいれるのである.. 続く