27歳美人キャバ嬢“髪切り裁判”
□投稿者/ ますたー 天使見習い(312回)-(2005/11/30(Wed) 21:48:47)

   

女性の勤める店は、テレビでも取り上げられたキャバクラ嬢も在籍する有名店。
女性も女優のマルシア似のなかなかの美人で、茶色のサラサラヘアは、すでに肩の
あたりまで伸びていた。

「泣きましたよ。美容院がどうしても許せなくて裁判を起こしました」。女性は開
口一番、怒りにうち震えた。

判決によると、女性は昨年4月4日昼、渋谷区の美容院で、応対した男性店長
(29)に「巻き髪やアップにできるよう、最も長い部分の長さは残す」「頭頂部
が短いウルフレイヤーである相川七瀬のような髪形は避ける」「カラーは赤オレン
ジ」と注文した。

しかし、正午ごろ始まったカラーリングは4回繰り返して4時半ごろまで続き、そ
の後のカットでは女性の期待した髪形よりも短くなっていた。
女性はこの間店長に不安を訴えたが、「おれに任せろ。おれには何かこのデザイン
が見えている」と受け入れなかった。

「カット後は頭頂部が約7センチ。(綾小路)きみまろのカツラみたいな髪形に
なった。私は顔よりも髪が自慢だったんですが、付け毛をしても自信がなくて、接
客にも影響が出た。同伴もできなくなった。ストレスで円形脱毛症になり、辛かっ
たです」と語った。

女性が不満を言うと店側は代金を受け取らず、「おわび」としてトリートメントを
渡しただけだった。

当時女性と交際していたホストが女性の髪形を見て激怒し、店長に電話で抗議。翌
日、ホストとキャバクラ社長も交えて交渉し、店長は「私が誤ってカットしてしま
いました。私が責任を持って本人が納得するまでケアいたします」という念書を差
し入れ、後日付け毛代とヘアアイロン代計約10万円を支払った。

女性は美容室に行く前の4カ月は平均約150万円の収入があったが、その後の4
カ月は平均74万円に激減したと主張し、損害賠償請求をしたが認められなかった。

美容院は、きもの学院なども経営する会社が経営する有名店で、客層は20−30歳
代の若い女性がほとんど。店長は美容院がオープンした約2年前からの従業員で、
客からの評判もよかった。

店側の説明によると、店長は女性のカットをした4月4日には個人的な理由で店を
やめることになっていたといい、裁判当時はすでに店にいなかった。

店長は裁判で、「念書はホストとキャバクラ社長に脅されたから。自分はプロとし
て自信を持ってカットした。結果として希望に沿わないからといって、ここまでの
要求をされることに非常に困惑し、また憤りを感じています」と話した。

この説明に女性は「この問題で辞めさせたに決まってます。別の店で美容師をして
いるらしいけど、ハサミを持つ資格なんてないですよ」と、怒りを爆発させる。

水野裁判官は「容姿の美しさが重視される職業で、髪形は大きく影響する」とした
が、女性は「裁判官が女性だったので、私の言い分を理解してくれたんだと思う。
金額どうこうではなくて、裁判に勝てたことがうれしい」と話している。

担当した近藤広明弁護士は「勝てるとは思わなかったが、女性の髪形などの美しさ
が客観的に評価された画期的な判決だ」と胸を張った。

店側は「対応が決定するまで取材には応じられない」とコメントしている。

ZAKZAK 2005/11/21。から引用
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ま、この裁判は判例になるんだろうな
女性の裁判官なんだな

ただ、俺様はおもうに

>水野裁判官は「容姿の美しさが重視される職業で、髪形は大きく影響する」

ここだ「容姿の美しさが重視される職業で...

どこからが容姿の美しさが大事な仕事で
だこからは、大事じゃ無い仕事なんだろう..

みんな どうおもう



□投稿者/ アンチカリスマ 見習い(11回)-(2005/11/30(Wed) 23:01:45)

http://tenshinowa.net/

どうなんでしょうね〜?

最近は男女同権を隠れ蓑に、どんどん女性が強くなってますが・・・。(笑)

恐らく、そういった昔ながらの男尊女卑に一石を投じたかった裁判官個人的気持ち
の入った裁判だったのではないでしょうか?

正直、何でもかんでも女性の意見を通すのは間違いではないかと思います。男女関
係無く、適材適所の延長線上にあるのが男女同権ではないかと。

そういえば、何年も前から、スチュワーデスの選考基準に「容姿端麗」があったは
す・・・。それが、男の側から見た意見だという事で、それは男尊女卑にあたると
して削除されたと記憶しています。

今回の裁判の判例は確かに勝訴ではあっても、その女性の職業柄、男尊女卑を肯定
するように取れなくはない判例に見えるのですが・・・。もっとも、その女性は騙
されてるフリをして騙してる、又は、男なんてイチコロ(死語)よ!と高みから見
下ろしているのかもしれませんが・・・。(笑)

それはそうと、もっとも許しがたいのは、コミュニケーション不足と思い込みによ
る施術、困ったもんです。自分も気を付けます。



□投稿者/ かばζ゜ 非常勤殿堂(157回)-(2005/12/01(Thu) 18:06:44)

http://homepage2.nifty.com/salon-ABA/

その人により 美しさの基準がちがうと思うし どんな職業でも 美しさが必要だ
と思えばそうだとも思う。。。

サラリーマンだから 寝癖ついてても言いわけではないと思うし 美しさや清潔さ
などがなくていいわけでもない。
結局は 裁判官次第だったのだと思います。
 
一番悪いのは もちろん 美容師ですけど。。。
これで こういった美容師が少しでも減ればいいと思います。



□投稿者/ ゆか 天使見習い(309回)-(2005/12/02(Fri) 10:41:07)

http://doobee.jp/
地域:[九州] 

呼ばれちゃった・・・エヘ(´∇`)

>どこからが容姿の美しさが大事な仕事で
だこからは、大事じゃ無い仕事なんだろう..

女性である以上、できる限り美しくありたいと思うものだと思うのですが・・・
女の美しさを武器にする職業という意味でキャバ嬢は確かにそういう要素は強いと思いま
す。
それで、売り上げが減ったというのはちょっとおかしい気がしなくもないですが。。。。
サービス業であるわけでキャバ嬢とは言え、サービスが売りのお仕事なのだから、売りが落
ちたのは容姿とは関係ない人間性の部分だと思います。
この裁判官の判断は正しいと思います。
そういう部分を考慮して24万なのでは?

これが、もしも今をときめく売れっこ芸能人や雑誌モデルだったら・・・
もっと取れるんでしょうねぇ。

容姿が気に入って結婚した夫婦がいたとして、おまえの髪型おかしな事になってるからも
うきれいじゃないから、離婚する。。という事がもしもあったなら、もっと美容師の罪は
重くなるんでしょうね。

職業には関係なく『美しさ』という物がその人にとってどれだけのウェイトをしめている
のかという事だと思います。

ちなみに、私はあまり長さは変えたくないというお客様の場合は全く切らない事が多いで
す。
毛先だけほんのちょっと切るとか、表面のばさついてる部分だけ切るとか。
または、全くはさみをいれずトリートメントだけにするとか、ハイライトを入れるとか。
短くなりたくはないけど、ちょっとだけ雰囲気変えたいというのが今、一番多い女性の希
望のようです。



□投稿者/ 6 見習い(18回)-(2005/12/02(Fri) 23:38:51)


地域:[神戸http://blog.goo.ne.jp/chez-ange/ 

これは、彼女に明確な損害の額が計算できたから勝訴したのだと思います。

例えば、私が同じような裁判を起こしたとしても
精神的損害額しか訴える事が出来ません。
せいぜい、すっごく悩んでカラダを壊して病院に行ったのであれば
治療費ぐらいは損害になるんでしょうが・・・。

彼女の場合は髪の毛を切られたことと、それにより発生した損害との
因果関係が明確な数字であらわせたからだと思います。

確かに髪型は大きく女性のお顔の印象に影響します。
でも、美しさが必要・・・とは、どういう意味なのかとも思います。
どなたにだって、美しさは必要です。

職業や本人を取り巻く環境によっても異なる判例も多いようです。
そこには、弁護人の持っていきかたや、
裁判官の判断も大きく関っている事だと思います。

同じ事件が起こったとして、
訴えられた人の弁護なのか 訴えた人の弁護になるのかによって
変わるのが弁護士なんですよね。
よく考えれば節操がないですよね。

全然、弁護士を目指している者の発言とは思えないでしょうが、
私は、ここまでいくまでに解決できたのではないかと思っています。
どちらも、心ある人間なのですから。

人の心に法律は適用できません。

法の裁きは、客観的具体的事実、外形で現事実を捉えるに過ぎず、
そこから、法律を使って判断し解決してゆく国家作用らしいです。
それが必要な時も確かにあります。

ですが、民事裁判は、正しさが 49 対 51でも、
0(負)対100(勝)で、最終判断をしなければなりません。

それが、本当の意味での解決なのかしら?と私は思います。

じゃぁ、この事件で、ハサミを持つ事が怖くなり
自分自身の仕事が出来なくなったとしたら・・・?

事実は1つでも、解釈や感情や状況が1つの事実の周りをぐるっと
取り囲んでいます。

それを言い出したらキリがないから
公正かつ冷静な第三者的な立場の判断を仰ぎたいと言うのも
私は、わかります。

だから、離婚の際、私は裁判しようかなぁ。。。と思ったのです。
けちょんけちょんに言われる程、
私が間違った事をして生きてきたのかを知りたかったからです。

私は間違ってないって証明したかったんじゃないかなぁって。
そんな自己満足のために、今までの結婚生活を天秤にかけるのは、
やっぱり、おかしいんじゃないかって思ったから やめました。

過ごした時間は事実です。巡った感情も事実です。
私の愛も事実でした。
それを、どうしてジャッジする必要があるのか考え直しました。
私の状況では、必要ないと思いました。

私の弁護士初の仕事が彼の離婚裁判の弁護人と言う事であれば
また おもしろい人生だなぁとも思います(・m・)=3 ぷぷっ。

この あの時私の中を巡った色々な感情と同じような思いを
なさってる方がいらっしゃるのであれば、
法律によっても心によっても、その方の最善の道を一緒に
考えていき解決できる人間になりたいです。

そして、その私の姿を見続け、応援なさって下さった方の
お役に立てる人間になりたいです。

随分、お話がそれましたが、この事件から私が受けた感想です。



□投稿者/ あっこちゃん 常勤殿堂(207回)-(2005/12/03(Sat) 04:21:42)

http://brazil-fashion.ameblo.jp/
地域:[海外] 

容姿の美しさって、つまりはどれくらい気を使っているかってことに
なるのかなぁって思います。

もちろん、なんにもしなくても美しいラッキーな人もいますが。

で、その容姿を一番左右するのはやっぱり髪型なんでしょうね。
この女性の施術前と施術後の写真を見てみたいものです。



□投稿者/ ゆか 天使見習い(310回)-(2005/12/03(Sat) 09:29:56)


地域:[九州] 

>彼女に明確な損害の額が計算できたから

それもどうなのかなぁ?と私は思うよ。
髪がおかしな事になって売上がいくら落ちたからそれが損害だと言われたら・・・

私は、明確な数字として出してきた物はいわゆる『こじつけ』のような気がします。
おそらく、この女性は腹がたって仕方なかった。
どうにかして、その美容師をギャフンといわせたかったんじゃないかな?
私がこの前、2ちゃんの町BBSに営業妨害で訴えるって言ったでしょ。
正直、営業妨害されたと思ったわけではなく、それでしか訴える方法がないのではないか
と思ったから。
いわゆるこじつけ。
ただ、あそこでの書き込みの内容に腹が立って仕方なかったのね。
消してもらえたらそれでよかった。
でもなかなか消さない管理人に腹がたって、どうにかギャフンと言わせたかった。
もし、お金があったら訴えてたけど、私の場合はお金がなかったから諦めたけどね。
それとキャバ嬢の気持ちは同じだと思う。

お金を取る事が目的ではなかったんだと思う。

法律では、女性の髪に対してはかなり軽視されてるのが現状だと思う。
髪は神経もないし、切りすぎたって血が出るわけじゃないし、髪は伸びる物として判断さ
れるらしいね。
でも、今後は少し変わってくるんじゃないかな?
いや、変わってほしいね。



□投稿者/ kent 見習い(27回)-(2005/12/04(Sun) 09:07:44)

東京http://digitalperm.com/

この判決ってどこかにきちんと判決文掲載されているんですか?

俺的には、週刊誌等に書かれている内容だけじゃ判断できないと思うんだけど?

>水野裁判官は「容姿の美しさが重視される職業で、髪形は大きく影響する」

この裁判は別の意味では女性側も勝っていないと思いますね。

ぶっちゃけわざわざ裁判して25万ですよ。

しかも、判決での賠償額は原告が主張する売り上げの損失から見ても全然高くな
い。

とりあえず分かる判決文では、職業で損失した金銭のみ。

精神的なダメージに関してはほぼ認めていないのかな?

美容師の僕としてはある意味ほっとしました。

アメリカみたいな高額な判決が出たら、これからはカウンセリングの後に建築の時
みたいに「はい、じゃあ正式に着工しますから契約書にサインして」って言わなき
ゃいけなくなるかもしれないでしょ。

場合によっては構造計算も必要になるかもしれないし(爆)

これ言ったらあ色んな人にアホと言われそうですが、地裁レベルの判決って、結構
チャレンジというか、色んな出し方するんですよ。

特に、出世ラインから外れている裁判官はね。

どこかで「こんなんで裁判すんなよー」とか思っていたりもしたかもね(´∀
`:)



□投稿者/ かずみ 見習い(15回)-(2005/12/04(Sun) 18:47:03)


地域:[原宿] 
裁判に関するコメントかと思いましたが、

>どこからが容姿の美しさが大事な仕事で
だこからは、大事じゃ無い仕事なんだろう..

↑これですね。

難しいですね。容姿が、大事な仕事ですか・・
個人の捕らえ方によってもずいぶん変わってきますもんね。

裁判に関しては、あんじぇさんの意見が一番近いかなと思います。

>事実は1つでも、解釈や感情や状況が1つの事実の周りをぐるっと
取り囲んでいます。

あ〜。全然回答になっとりませんね。^^;

なにせ、自分の事と置き換えて、お客様とコミュニケーションをきちんと取れるよ
う努力しないといけないなと思いました。



□投稿者/ ますたー 天使見習い(314回)-(2005/12/04(Sun) 21:17:00)


地域:[近畿] 

俺様 大昔に 髪を溶かした事ある
矯正で...
美容師のみなさん一緒になって想像してみましょう
その人は男の人 新規来店
車はベンツ

髪型は坊主で襟足だけシッポみたいに5センチだけ残してる
そのシッポの部分はホワイトブリーチされてた
シッポの部分だけ矯正だ
 アイロンあてた瞬間、シッポがジュワと消えた..

みんな想像してるか?
坊主頭で襟足だけの唯一の髪のシッポがジュワと消えたんだ
夢なら覚めてくれ とおもった

車はベンツ
今夜は哀川翔のデェナーショウえ行くと言ってる
前からみたら 解らないから まだ気が付いておられない

シッポがジュワと消えた..んだ 
想像しろ 美容師ども 鳥肌がたってきたろう

アイロンの内側を見たら、0,1ミリぐらいに切断されて髪が張り付いてた
髪型は坊主頭  車はベンツ 今夜は哀川翔のデェナーショウ

うう〜 思い出しただけで 寒い
ハサミとすき鋏を間違えた時よりも寒すぎた
心臓の弱い奴なら そこでショック死だろう

そんな俺様でも今はいきてる
俺様はそれから「出来ないものは出来ない」と断る
情け無いと言われようがヘタと言われようが
「出来ない」と言う

今回は、矯正で切れたとか皮膚がただれたとか
そんなんでは無く、「髪型が注文と違う」点で損害賠償が認められたことが、
良くも悪くも「画期的な判決」となったわけだが

ここが法律↓詳しい
http://www.ribiyou6pou.com/magazines/20051123-006.html

女性であれば誰でも一度は「オカネカエセ・・・」という
美容院に思ったことがあるだろう

俺様の意見としては「600万慰謝料を払え」という判決だったなら
明日から美容師という職業はこの世からなくるだろうということだな
「髪型保険」とかも出来て来るだろう 前髪は特約だ

7cmでは「たかが髪型。」では片付けられない
そこで俺様得意の美容師のプロファイリングをしてみょう
大事な部分は美容師が言った『俺にまかせろ』ではなく

>正午ごろ始まったカラーリングは4回繰り返して4時半ごろまで続き<

の部分だとおもう
『俺にまかせろ』までの経緯のほうが大事だ

4時間もカラーを「やりなおす」

それが何を意味するものか?美容師諸君ならもうお分かりだとおもう
カラーとカットで7時間掛かったと書いてあった 矯正でも2回終わってる時間だな

4時間もカラーをやり直しした時点で「この店長」はこのお客様を
「身限る」べきだった 『店長』として
「申し訳ありませんが当店ではお客様のご要望にお答え出来る技術がございません」
「今回の料金は頂きませんのでお帰り願えますでしょうか」

美容師としてお客様を身限るなどと言うことは許されるものではない
が、店長というお店全体の責任者としては
4時間カラーをし直ししてるお客様をカットすべきでは無かった
技術の問題ではない「感性の違い」はこの時点で十分に把握出来てたはずだ
最後には こうなることは安易に予想出来たことだな
カラーの時点で料金を頂かないでお帰り願うのが責任者の最善の選択だったとおもう

その4時間のうちに彼女の美容院に対しての「信頼」は「不安」に変わってる
その不安を逆転させるべく店長は「ある賭け」に出た。そして それは「裏目」出た

あるいは4時間に及ぶカラーで髪を切らねばならない事態になったとも推測出来る

だがトップ7センチは短かすぎるから前者の推理の方が当たってるだろう

後は店のオーナの責任だな
オーナーのクレームの対応が 裁判にまで持ち込んだんだ
「それ以上の保証なら弁護士を建ててください」ってここの過去の質問でも
よく美容室オーナーが言ってるじゃん

>ホストとキャバクラ社長も交えて交渉し

キャバクラ嬢の社長はここで出てきてる ホストの彼氏はどうでもいい
キャバクラ経営してる奴が10萬円ぐらいが欲しくて出て来ることはない
キャバクラの社長は自分の店の「大事なスタッフ」を悲しませたことに怒ってるわけだ

つまり、美容院のオーナーとキャバクラのオーナーでは
それだけ「従業員を大事にする器」がここで違うのだ
風俗系は店の女の子を大事にする
おおげさに言えば店の女の子に手を出したボーイは半殺しになる世界だ

だが、この美容院オーナーは 店長をそこまでの気持ちで守ったか?
俺様はどうもそうは想えない
オーナーの「誠心誠意」で裁判は免れたろう

風俗なら、「店内でどんなことが起きても守ってくれる」という
絶対的な 信頼が経営者に対してある
無いような風俗には怖くて勤められない

美容院は どうか...

今回の件は「美容院経営者」にとっても痛い判決だが
美容院に勤める美容師にとって もっと「痛い」出来事だったろう

切りすぎたりしたりして裁判になっても「店は何もしてくれない」
きっと 美容院に勤める人間は みな そう感じたとおもう

事実 この美容師は未来を打ち砕かれてしまった
4時間掛かってカラーしてるお客さんを 誰が 担当したい?
誰も関わりたくなかったろう
でも、彼は店の最高責任者という責任で担当した
ある意味「ファイター」だ

なぜ、その「ファイター」を美容院オーナーは救えなかったのか
裁判起こされた美容師を なぜ守ってやれなかったか
その美容院には「未来は無い」
裁判に負けたからでは無い
その店のスタッフは もう経営者を信頼出来無いだろうから

「彼女も弁護士も勝てるとは想ってなかったのに裁判した」
と言う所をプロファイリングしてみょう

彼女は美容室に対して「ホンマにムカついたん」だとおもう
そこにキャバクラで指名してくる客の弁護士が
「俺、弁護士なんだけど裁判するなら力になるよ」と軽くトークしらた
女の子が その気になった..けど弁護士は「負ける」と最初から確信していた
だから、「容姿の美しさが重視される職業で」というところを全面に出してきた

女性の髪に 美しさが関係ない 人など居ない
そんなことは 弁護士も彼女も解ってるだろう
だが、裁判という白黒つけるものは そういう争点が無いと勝てないもんなんだろう

この裁判で、矯正のクレームなどで「弁護士建ててください」と言える美容院は
少なくなったろう  それは、いいこと

でも、「ごねて来るやから」も増える事は確実になった
今まで以上に従業員に「何があってもお前達は守ってやるぞ」という姿勢を美容院
オーナーは
みせてやらないと 「やってられんわ こんな仕事」と去って行く美容師も増える
事も確実だ

 
最後に風俗レンジャーの俺様として一言付け加えさせてもらうと
ほんまに出来るキャバ嬢は 髪型だけでは無い
本当のナンバー1は 「外見」で売ってるのでは無いからな

しかし、俺様 こういう事考えるの好きだ..
弁護士向きなのか
おい6号、おまえ弁護士になったら 「俺様法律事務所」に雇ってやる
俺様が所長だ おもしろそうだ

まっちゃん よしむね、次郎、アンテナ、こい太郎、7号.5号
見てたら この件かきこ してくれ


□投稿者/ rei @7号 しもべ見習い中(33回)-(2005/12/04(Sun) 22:48:09)

こういうのって、今まで裁判沙汰になっていなかっただけで
泣き寝入りしてきた人 たくさんいるでしょうね…。
わたしも何年か前、ロングの矯正毛に ゆるくパーマをかけてもらった時に
毛先を10cmくらい無断で切られて唖然とした経験があります。
美容師さん曰く、「傷んでた所、切っておきましたね〜」。
わたしは、「えぇ !? なんで勝手に? 伸ばしてたのに…!!」と思ったけど
口に出すことが出来ませんでした(涙)
いま思えば、もしかしたらパーマで毛先がビビってしまって
そのままにしたらクレームを受けると思い
焦って切ってしまったのかな…とか勝手に考えてますが。
その美容室にも二度と行ってませ〜んw
切る前に何か一言でもあれば、また感じ方は違ったかもしれません…。

今回の裁判の件を初めて知ったとき、
お客さんが「切りたくない」と言っているのに独断でカットするなんて、
なんて傲慢な美容師だろう…と思いました。
わたし達は、美容師の自己満足な作品を作る為や
アシスタントのブローの練習の為に 自分の髪を提供しているのではありません。
作品作りや練習なら、休みの日にマネキン相手にでもして下さい。…と言いたい。
その辺、勘違いしている美容師さんって多いような気がします。

で、いま もう一度 読み返してみたら
カラーに4時間半…って、なんで??(@_@)
4回繰り返すまで、希望の色にならなかったって事でしょうか?
もしかしたら、それで すごーく傷んでしまって
それを誤魔化す為に切らざるを得なかったのかも・・・と思ってみたり。

どちらにしても、施術されてる側からすれば
自分が いま何をされているのか とても気になるんですよ。
イロイロ説明しながらやってもらえると安心しますね。
美容師として どれだけ自信があるのか知りませんが
勝手に判断して無断でカットするなんて言語道断。

そのカットは、もしかしたら そんなにおかしい仕上がりではなく
その人に似合っていたかもしれない。
でも、「切りたくないのに切られた」。
この事実が、裁判にまで発展した 不満の一番の原因だと私は思います。



□投稿者/ 5 見習い(2回)-(2005/12/05(Mon) 01:14:21)

http://www.geocities.jp/hosiuranai888/

美容師さんも お客様も 不運ですね〜〜。
最初から こうなる事を 予測してたわけじゃないでしょうから。
「何とかしよう」と思いながら、「何とかしてくれるかしら」と思いながら
結果は これ。笑 
判決はね、情状酌量の余地があったればこその 金額じゃないですかー。
トップ7p?カットしたんじゃなくて 切れちゃったんじゃないのぉ?笑

とにかく お客様は素人なので 適切な注文なんて出来ないですよ。
それじゃ、美容師はプロだから わかってたかと言うと そうでもない。
プロとはいえ 何年やってても初めての体験ってあるでしょ?
まさか こうなるとは 思わなかったというような事。
んー 今後も起こりうる事件ですね。判例あるから大変かも(笑

ウチ 裁判官が男性だったら この判決になったかしら?と思いました。
あとね 美容師さんが女性で お客様が男性だったら どうか?とかね。
売れっ子ホストや 人気女性アイドルだったら 慰謝料は違ったんじゃ
ないか とかさ。笑
ちなみに ウチ 今のところ 美容室に「カネ カエセ」と思ったこと
無いです。運がいいだけなのかなー(爆



□投稿者/ オカムラ 常勤殿堂(200回)-(2005/12/05(Mon) 01:33:25)

http://www3.rocketbbs.com/13/bbs.cgi?id=woop
地域:[東京都] 

まずは この女性と美容師の最大の問題点はコミュニケーション不足 どっちの味
方をするつもりないけど 結果的にはお互いが不幸だったと思います

あっこちゃんも半分素人だけど美容室経営してるし アンジェさんは法律家の卵 
他の人は全て美容室経営者

ここで一般客のreiさんが出てきたので そのことに返信します そもそもこの問題
を述べたら100ページでも足らないと思ったから 書き込む気がなかったのです

>こういうのって、今まで裁判沙汰になっていなかっただけで
泣き寝入りしてきた人 たくさんいるでしょうね…。

たくさんいるはずです 私の場合も それもますたーもそうでしょう ますたーの
場合は 今は得意なのしかやらないみたいです シャンプーとストレートブローと
白髪染めです

ますたーは他の技術に自信ないのでしょう はっきり言ってますしね 「うちには
来るな」と

それも経営方針だから それで今まで潰れてないわけですからそれもあり

私も泣き寝入りさせたことが多いはずです でも今でもやってられるのは 泣き寝
入りした人より もしかしたら満足した人の方が少し多いからかもしれません

私は全ての人を満足させてるとは思ってないので 間違っても技術に自信あるとか
思ったことないです

美容室は技術だけでなく 接客や雰囲気、デザイン、料金、スピードその他 多く
の要素が絡み合い 顧客満足度が決定されてるので一概には言えません

>わたし達は、美容師の自己満足な作品を作る為や
アシスタントのブローの練習の為に 自分の髪を提供しているのではありません。
作品作りや練習なら、休みの日にマネキン相手にでもして下さい。…と言いたい。
その辺、勘違いしている美容師さんって多いような気がします。

これも難しいです この点は長くなるので割愛しますが こうすればもっと良くな
るのにと思って勧めても お客さまが要求しないジレンマもあります 

私たちは職人の部分もあるけど デザイナーでもあるのです お客さまの言うとお
おりにやって全て満足していただくならいいけど

例えば初めて来店した方が 「3センチほど全体にカットしてください」と言われ
て 「はいそうですか」と3センチ同じように切るなら誰でも切れるのです

だけどほとんどのお客さまはそれに満足しません この人は本当に3センチだけ切
りたいのか もしかしたら初めての来店で恐いからそう言ってるのか この人はそ
ろえるだけと言いながら 短いスタイルの写真を見てるとか 判断しなくてはいけ
ません

その時もコミュニケーションが大事ですけど 今回の件ではそれが食い違ってたの
でしょうか
 

>で、いま もう一度 読み返してみたら
カラーに4時間半…って、なんで??(@_@)

これが私の気になるところです

4回もヘアカラーし直すというのはあり得ない 私も1回ならやり直したりしますが 

かなり髪に思い入れがあるのでしょう 雑誌を持ってきて細かく注文したみたいで
すけど 想像するにはかなり微妙なヘアカラーだと思います 外国人のようなカ
ラーかも

それで一回カラーしたら気に食わなくて またやり直した そうしたらまた気に食
わない....

美容師側の立場なら髪への思い入れが大きいのは分かります でも大きすぎるのは
困惑します 

あるドキュメンタリー番組で愛知から上京した男性の目的は キムタクになること
でした

彼はコンビニでバイトして 風呂なしの安アパートに住み 食事はコンビニの捨て
る残り飯を食べながら 貯金をして何度も美容整形をします 鼻はあの美容外科が
いい 瞳の手術はあの先生とか調べて整形手術をします

顔が公開されてましたがどう見てもキムタクではなかったです その男性は6回目
の手術はほお骨の手術でした

彼は手術前のカウンセリングでもキムタクの写真を先生に見せてました 先生はそ
の写真を見ないようにして 手術のやり方の説明をしてました

もし彼が気に食わなくて 1ヶ月間に何度も手術をし直したらどうなるでしょうか

ますますほど遠くなるはず

髪の毛の場合もカラーに関しては フォトショップやイラストレーターで色を簡単に
元に戻すようにはいかないです

雑誌のヘアカラーは特にライティングでかわります 美容室の照明が違うだけでも
 違う色に見えるし 着ている洋服によっても違って見えます

そのことを説明出来なかったといえば それもコミュニケーション不足です

ただ思い入れが強すぎる人にはそれがきかない場合もあります

カラーを直してさらにおかしくなって不信感も増幅したのかも そこがお互いに不
幸なことかなとか思います

カラーを直せば直すほどおかしくなる そしてカット

もう 長いので気が向いたら 続く 異論反論 期待します

あるがまま



□投稿者/ あっこちゃん 常勤殿堂(208回)-(2005/12/05(Mon) 05:28:41)


地域:[海外] 

>雑誌のヘアカラーは特にライティングでかわります 美容室の照明が違うだけでも
 違う色に見えるし 着ている洋服によっても違って見えます

あ〜 これ、確かにそうですよね。
初めてうちのサロンで栗色の髪をブリーチで金髪にしたのを見た時、お流しした後、
なんか薄汚れた様な色でびっくりしました。

お客様も初めてだったので鏡を見てちょっとびっくりして不安そうでした。

でも、ブローした後は、彼女が希望してた金髪になってたので彼女は嬉しさ2倍っ
て感じで帰っていきました。

今までとすごく違うイメチェンの場合、目がまだその色に慣れなくっ
て他人から見ると似合ってても、本人はしっくり来ないという場合もあると思います。
たいてい、数日後には気に入り始めるんですが。。。


 それよりこの雪何とかしろ
□投稿者/ こいた 見習い(18回)-(2005/12/05(Mon) 10:30:27)


地域:東北] 

沖メバルの針にはネムリムツかネムリセイゴか・・・
チヌ針の方が掛かりはいいがバレやすい・・・
ハリスはナイロンかフロロか・・・何cmが理想か・・・
バケは?フラッシャーは?餌は?
釣りには技術も必要だ
船頭とのコミニケーションももっと大事だ
ある意味、釣りと美容師は似てるかも・・・
悪いがσ(`ε´) オレは他人のトラブルには興味ない。
しかも、この裁判の原因が理解できない。
なぜ裁判にまでなる?
その前に何故そこまで問題になる?
トップが7cmとあるが、襟足やヘムラインが7cmではないべ?
ハイレイヤーやウルフっぽいのであれば、巻き髪だろうとアップだろうと
やる気になりゃできるべ
σ(`ε´) オレなら襟足7cmあればアップにしてやるわい
カラーのミスって何?隣のお客様の白髪染めの薬を間違って塗って
真っ黒にでもしたのか・・・・
それなら何回やろうが理想の色はでないべな。
昔、店長職にアグラをかいてた中年女性の店長が
スタッフのヘルプに入って、マニキュアタイプのカラー剤をリタッチという指示に
地肌からべたべた塗って、頭皮が真っ黒になってたなー

メルマガにも載ってたが、施術する前にお客様が切り抜きなど
持って来た際には、こだわりがあるわけでその時点で
慎重にカウンセリングしないといけないし、ここをこの位に
カットして、この色にしてとチャートも見せて、パーマならこのくらいと
必ず宣言して了解を得てから施術するべ?
もし宣言したのと違く出来たら、金はもらえない
出来たら貰う。

その美容師が「まかせろ」って言った
客がそれでやらせた。
希望通りでない

おかしすぎる
な〜ぜ〜

それよりそのベンツのおっさんにどう対処したんだ?
その方が興味ある( ̄m ̄〃)ぷぷっ!



□投稿者/ まっちゃん 見習い(4回)-(2005/12/06(Tue) 12:33:52)

http://www.fides.dti.ne.jp/~star/
地域:[埼玉 

呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃ〜ん!
書き込まなかったのは、おかむらさんと
同じようにこの件に関してはかなり長く
なってしまいそうだから・・・
以前、ざわざわ掲示板にも書いたんだけど

前に、行列の出来る法律相談の番組で美容室で
「フランス、パリのエッフェル塔のイメージで」
と言う注文に髪の毛でエッフェル塔をつくってしまった
事例(テレビなんで再現フィルムでは頭にエッフェル塔
が乗ってる感じ、まずありえない)
そんな変な髪型にされて、外を歩くのも恥ずかしい
会社にもいけない、損害賠償よ!ってことで

4人の弁護士さんの判断は弁償してもらえない
とのこと、問題なのはそういう
賠償を認めてしまうと、美容師さんの業としての
範囲を侵し成り立たなくなってしまうらしい・・・
それにわざと、気に入らないから賠償よ!
が、まかり通ってしまうのが問題みたいです

でもね今回の件もすべてひっくるめて
コミュニケーション不足だと思います
それとねかなり髪にこだわってる人か
クレーマーかはどっちでも、4回もカラーを
やる前に助言すべきだと思う・・・
絶対傷むって、それに傷むほどカラーが希望通り
ならないって・・・
うちでも、やっても2回までだよ、

あとさ〜お客様の言葉通りやればいいのかって
そうでもない、例えば前髪を1センチ
横を3センチ、後ろを4〜5センチ切ってくれって
注文にそのまま切ったら変になることも多い

全体を1センチくらい切ってと言われて、本当に
1センチの長さを切ると、ほとんどが
「もう少し短くして」となる、2度手間である
僕らプロは長さに対してもある程度正確に切る
事もできるが、お客様の思ってる長さと誤差が
あるから生じることです、だからねちょっと切って
合せ鏡で見せて「このくらいの長さ?」って
了解を得てから全部切る・・・
それでもおかむらさんが言ってるようにこうした方が
もっとよくなるのにお客様が要求しないジレンマ・・・
これは助言しても、やっぱいいってことも・・・

まぁいろんなことがあるのです・・・

前に一見で来た男のお客様が、自分で髪を持って
ここで切ってくれって注文あったの、でもそこで切ったら
絶対に髪が立つよって助言しても大丈夫だからって
後に引かないの・・・何度言っても切れと・・・
だからそこで切った、しかも持ってる所より5ミリくらい
長めに(それくらい鋏の操作でできるよね)
それでも・・・見事に髪が立った・・・
そしたらさ〜そんなはずが無い、なぜ立つんだって
散々言って最後は切り方が悪いんじゃないかって・・
持ってるとこを切るのに切り方がはないよね〜
それでもお金はいただなかかった
うちはクレームに対してもお金は頂きません
期限も基本的にもうけてない
(良心の範囲ないでということにしてある)
それを逆手に取る人もいるよ、昔2週間ごとに来て
髪型が気に入らないとちょっと修正するのではなく
全く違う髪形にしてくの、スタイルチェンジね
そんなおばさんいました、
それでも料金頂かなかった、最近では1ヵ月半後に来て
矯正のうねりが出たからと・・・生えてきたうねりなのか
前回の矯正が甘かったのかわからないくらいだけど・・・
無料でやり直した、こんな事書くとそういう輩が
増えそうだけど、プライドを持って仕事をしてるから
その方針は変える気は無い。

これからは、スーパーダメージ毛にデジパーとか
ハイリスクな仕事が増えます、この前各メーカーの
インストラクターの人と会う機会があって、そんな
話をしたら、自分の店でずっとやってるお客様(髪の施術
の履歴がわかる)やいままでの髪の履歴がしっかりわかってる
人意外は、断るのも手段だよって言ってました、
わかりますよ、うちは矯正でも余程じゃないと断りません
(いままで数万人中断った人、一桁です)ですから
うちで断ったのは余程のダメージと思ってください
それでも過去に、その断った人がある掲示板で
「皆さんが推薦してる床松さんに行ってきました」
「私の髪に何もしてくれない、たいした事無い店でした」
「断るのなら簡単だよね〜」
って書かれた事がありました、気持ちが伝わらないのは
悲しいです。

PS:ますたーへ、俺般若心経は高校1年の時に
暗記しましたよ!
空の境地とは何事にもこだわりのない心のことで、
悟りにもこだわるな、煩悩の克服にもこだわるな、
煩悩の克服や悟りにこだわると、
それが執着になってしまい、
かえって悟れない結果になってしまいます
こうしたこだわりをすべて捨てれば、
おのずから空の境地がひらけ、
悟りへ到達できるということでしょう。


 


□投稿者/ よしむね 2005/12/07(Wed) 18:46:59)


地域:[四国] 

「コミニケーション」って難しいですね、そもそも日本語も難しい。。
全く同じ人間もいないから考え方もちがうし感性も違う。その溝を埋めるためには
話し合い分かり合わなければいけない、しかしコミニケーションは一人ではできな
いでしょ?相手がいて成り立つものだし、何回話しても溝が埋まらない場合もある
し。。。
例えば予約の時にカラーの予約をしたのにお店に行ったら「今日はどうされます
か?」と聞かれて「カラーって予約したのになんできくの?この人信用できな
い!」と思う人もいるだろうし。。
うちの場合は一応確認するのよ。もしかしたら気が変わって違うことがしたくなる
場合もあるだろうし、ただカラーで予約したけど何か相談してから決めたいお客様
もいるしね。

この事件の場合はどうなんだろう?現場にいないと本当のことは解らないけどカラ
ーを4回もしたこと、希望色が赤オレンジだったかな?そんなに難しいカラーじゃな
いよね?これが出来ないということは何らかの問題があるわけで。(ヘナやマニキ
ュアなどカラーに影響を及ぼす施術の履歴があった?)と考えるとその美容室は初
めて行った店?

「髪の毛を大事にしてた」のに何故いつものサロンじゃなかったのか?

どうもこの事件に関しては腑に落ちないというか。。

キャバ嬢だって接客業でしょ?それもかなりの接客のプロでしょ?売り上げが髪型
に左右される程度のキャバ嬢なら俺は飲みに行きたくないな。。
その時の気分で接客が変わるならプロではないでしょ?

「髪は大切」僕らはこの大切なものをお預かりして商売しているのだから、中途半
端なことはできないっしょ。

それにしても600万払えなんて。。新手の美人局みたい。。。よっぽど腹が立っ
たんだね。。

出来ないことを出来ないと断るのもプロとしての仕事だとおもう。ただ断るときに
不快にさせない事と希望のスタイルになるためにこれからどうしていけばいいの
か?の提案や説明も必要だと思う。