投稿者/ 李莉 京都府 女性 27才 [返信]
投稿日/2003年4月9日(Wed)02:13

マスターさま&皆様こんばんわ。京都の28歳です。わたしもたまたまですがこんな素敵なサイトにヒットできて嬉しいです。
ありきたりですが、私の他にも髪質のことで悩んでる人がいるんだな、、としみじみ思いました。・・・と同時に、わたしの今までの髪、これからの髪について思いをめぐらせてしまいました・・長くなりますが、読んでいただけたら幸いです・・。
 
 私は子供の頃、天使の輪(この表現、誰が使いだしたんでしょうね?)ピカピカのつるつるサラサラ髪でした。しかし小4くらいの時、湿疹(アトピー?)がでて、それは頭皮にも現れました。数ヶ月か頭皮に湿疹症状がでて、消えたのですが、それからです。剛毛・太毛・縮毛になったのは。うなじやもみあげ部分は全然大丈夫だったので、今でもきれいな髪質です。でもそれ以外はボンバー!って感じです。小学生の頃はそのボンバー状態を抑えるために、いつも黄色の安全帽を意味なくかぶっている子供でした・・。
 高校生のころ、ハビットと出会いました。高校がバイト禁止だったので、お小遣い&お年玉をためて美容院へ行きました。その頃、ハビットは確か30000円〜で、長さによって料金が追加になるのです。当時セミロングだった私は、2・3千円余分に持ってはいたのですが、「もっと請求されたらどうしよう・・」とビクビクしたものでした。初めてストレートになった時の喜びは今でも覚えてます。。 
 
 そして私ももうすぐ28さいになろうとしています。高校生の頃から縮毛矯正をあて(ハタチ位からはリペアに変え、生えてきた根元のみ当ててます。)大体2.5ヶ月に一回というペースで、年に5回ほど当てていることになるのでしょう・・。そしてこれから先も当てていくのでしょう私は・・。前出の通り、縮毛矯正は出っ歯もしくはおフランス帰りのしぇー・イヤミ状態からは避けられません。なので私は毎朝コテで毛先だけゆる〜くカールさせています。
 しかし雨の日や湿気の多い日はパツーンとカッパになってしまいます。彼や友達の家に泊まる時、お風呂上りの濡れた髪が気になって仕方ありません。ドラマなどで、ヒロインが雨に濡れて色っぽくなっているのを見る度、「私やったらここでカッパに変身や・・」とつぶやき、出先で通り雨にやられた時には「人目の無い所へ避難!」と焦り、髪中心の生活になってしまっている自分がいます。エンドレスです。これから先のことも考えてしまいます。結婚して、妊娠したら矯正あててもいいのかな?あかんかったら10ヶ月当てれへん、、30代ならまだしも私は40・50歳になっても矯正当てているんかな、、?60・70歳は・・・?
 わたしも一応ストレートにこじつけてはいますが、細くきれいな髪質のフワフワのパーマヘアの女の子を見ると凝視してしまいます。大袈裟じゃなく、夢にまで見ます。
 
 この世の中、不況や戦争といった深刻な問題の中で、私の髪型や髪質なんてちっぽけなことなんです、私は健康ですし、友達や彼にも恵まれ、職&食にもありつけているのです・・。 言い聞かせてはいるのですが、でもやっぱりふっきれないもやもやとしたこの感じ・・。

 髪・髪・髪・・個性なんです、十人十色なんです。
 でもやっぱりしなやかな髪に憧れるのです、毎朝、起きてドキドキビクビクしながら鏡で髪をチェックする日々。わたしはやっぱりこれからも縮毛矯正を当て、新しいタイプのケアを研究していくことでしょう。頑張ります。女ですから、乙女心があるうちは、このエンドレスな戦い?を辞めるわけにはいきません。
 
ただ徒然なるままに書き連ねてしまいましたが、読んでくださった方、ありがとうございます。
 
 マスターさんも、この素敵な場を設けてくださってありがとうございます。頑張ってください!