3万ヒット記念

3『検索』とアクセスの謎(今回真面目だから、面白く無いよ)

今回はこのホームページのアクセスから最近の傾向を考えてみます(標準語も話せるぞ)

1位 ヤフーサーチ 9070

2位 お気に入りから 6653

3位 内部リンク『矯正ホーム』 1520

4位 グーグル検索 1200

5位内部リンク『何んでも相談』 951
と、なりました。検索エンジン別では

1位 Yahoo!JAPAN /58.7% 2位Google

/14.3% 3位 BIGLOBE attayo/ 8.6% 4位 goo/ 6.5% 5位 MSN s/5.0% 6 位nifty/3.3% 7

位excite/2.8% 8位 AOL/0.8%


で、1位ヤフーサーチと2位Googleサーチで7割をしめてるんだけど(ヤフーで2つ以上のキーワードを入れると自動的にGoogle検索となります、ヤフーのページ検索とGoogle検索は同じね)

★ここ数年でロボット検索の主流になった『Googl』ですが、このロボット検索は他の検索ロボットと大きな違いがあります 『Googl』検索はそのHPのリンク先の人気度などでページランキングというのが全部のページにランク付けさられていて、つまり『あいうえお』順などで無く、より検索される方に有意義なサイト(人気のあるサイト)が上位検索されて来る訳です

で、うちのHPの場合どんな『キーワード』で検索されてるか順位で見ると

1位『縮毛矯正』55% 2位『マキシム』5% 3位『縮毛』5% 4位『矯正縮毛』5% 5位『縮毛強制』4% その後は、美容室、アロマテラピーの店、くせげ、美容院、トラブル,酸性、傷まない縮毛矯正 、リペア、縮毛矯正失敗、安い縮毛矯正 水分補給縮毛矯正 Q&A、リシオ、アロマテラピー、滋賀、maxim、美容室、、矯正料金、矯正掲示板、強制縮毛、まきしむ、安い縮毛矯正、ストレートパーマと縮毛矯正、妊娠、前髪縮毛、矯正ダメージ、自然な縮毛矯正、ハビット、縮毛矯正ヘアカラー、 チリチリ、リメイク、サラと続きます.

 壁紙 ミセスリビング 2ちゃんねる 稲本などいうキーワードでも、かなりヒットしています

 

さて、アクセスのほとんどが『縮毛矯正』関係となりました 『マキシム』で検索してくれた人は5%(まあ、当然なんやけど)あと、おもしろいのが 『縮毛強制』と間違った字で検索してる人が毎日10人以上もおられます(これはびっくり、間違った字でヒットするのはうちのHPだけ..)

あと『矯正別』を検索順で単純に考えるとリペア、リシオ、水分補給縮毛矯正、ハビット、リメイクの順で人気がある?みたい

やっぱ1位は『リペア』でした(予想通り)続いて後から出た『リシオ』(まぎらわしい名前)、それでよく知らないけど『水分補給縮毛矯正』てのが来て、矯正ではこの中で一番古い『ハビット』、割りに古いが高度なアイロンの使い方が必要なため苦戦の『リメイク』、ハビット同様苦戦の非アイロン系『サラ』となりました(かなりいい加減な判断)

こう見るとやっぱ.有名な矯正ではひとり勝ちしている『リペア』を去年あたりから『リシオ』が追う形です(ほんまかい)

リペア(ミルボン)は宣伝が上手です ポスターひとっでも与えるイメージはかなり変わります

溝があるリメイク専用

使い難い初期型リシオ用

最新リペア専用 0-2
参考落札価格1万2千円

参考落札価格1万

参考落札価格3万
(写真提供オークション)

最近オークションで(僕はオークション依存症)アイロンの出品を見ていると、かなり『リメイク用』が放出されています

つまり、 違う矯正に変更されてる理美容が多いのだと思います(ちなみにリメイクの当初のイメージキャラは小錦)

この『リメイク用アイロン』は溝があるため、かなり高度な技術を必要とされます(僕も持ってるが使わん..というか使えん)

このアイロンをオークションで素人に売ってるバカがいる 素人が矯正に使ったら100%ちりちりになるぞ

いくらノークレームとか書いてても、酷い奴が多いもんや

少し前は『リシオ用』のアイロンの放出が多かったです これはリシオを辞めてるお店が増えてるのでは無く 当初リシオはリシオ専用のアイロンを出した訳ですが、これが、かなり使いにくく(僕も持つてるが使わん)不評だったんでしょう今は普通のアイロンでされてる美容室が多いと思います(ミルボンはどんどん新商品出してくるが、辞める時も早い) リシオを扱う美容室は多分矯正の中では一番多いと思います(ほんまか?多分)

さて、『ハビット』これは絶対的に扱ってるお店が少ない訳なんですが(滋賀3件だけ) 数年前までは矯正と言えば『ハビット』だった訳ですが、今は矯正と言えば『リペア』の方が名前が売れて来ているかもしれません 僕も何故今まだ『ハビット』をやってるかといえば、いつかまた、『ハビット』の時代が来ると信じているから、プッ〜

今度ロングが流行った時はアイロン系では、『髪』もやってる『美容師』も死にます(美容師なら意味解る) 

でも今のスタイルでは『アイロン系』が有利なのは言うまでもありません 僕も今はリシオ(リペアより粘度があるのでリタッチしやすい)を使う事が多いです でもロングはやっぱハビット系の方が早いです 背中まである方をアイロンでやってたら日が暮れます 皆んないい所があるのでその時その人で使い分けた方が楽(ハビットはすぐシャンプー出来るからカラーも出来るし、ぺたんこ差ならリペアとか毛先に付けたく無い時リシオとかね)

だから僕はお客さんに、今日はハビットですとか、これはリペアですとか言わ無い 『縮毛矯正』だけでいいやん、勝手にやってるぞ

べつに『矯正の名前』に、こだわってる方なんて居ない思うよ 求めてるんはメーカの薬剤じゃ無いと思うけどな僕は... 

あとの検索は『傷まない縮毛矯正』、『縮毛矯正失敗』『安い縮毛矯正』などと続いていますよね

最初の頃は『矯正、違い』などの検索が多かったですが最近では『矯正、失敗』ちりちり、やり直し、など

トクニ『矯正失敗』のキーワード検索は日に日に多くなっています 単にちりちりになった..だけで無く、ぺたんこになってカッコ悪い..とか、ただ『流行り』だからと矯正をされて後悔して居る人も多いようです

で、『傷ませてしまった』と思い検索してる方や、矯正は高いからすこしでも値段が手ごろな所をと検索されてる方が多いようですが 何度も書きますが、矯正1回目はさらさらになりますが、2回目3回目と髪を傷ます危険は増していきます 矯正すれば髪が蘇ってさらさらになるなんて妄想は捨てて、今より絶対に髪を傷まさ無いという事を一番に考えてください  傷ませてしまって初めてその事に気付かれる方が殆どです いちど傷ませてしまったら 元には戻りません 元の長さにするには長い時間が掛かります 何年も矯正されてる方程 一度矯正した部分はされません なにが矯正か..傷ます事を矯正とは言わんやろ(直すて意味やん)悪くしてどうすんねん

最近何故ちりちり報告が多いかというと、昔からある『ハビット』系つまりブロー系は最悪ちりちりにしても直す技術がありますが 『アイロン系』はちりちりにした髪を元に戻す技を持ち合わさないままのお店があるのだと思います あとはヘアカラーね 当たり前だけどパーマよりヘアカラーの方が傷むんよ

ヘアカラーやって無い髪なんて簡単にさらさらになるよ

ヘアカラーやってる髪をさらさらにしょうとするからトラブルが起るんやん

何が何んでもぺたんこ→それも変→自然なストレート→傷ま無い値ごろな矯正 そんな感じでキーワードが変化しています